FANDOM


シャドー怪人( - かいじん)は、シャドーラインの幹部達に仕える上級戦闘員。

シャドーライン拡大のために人間が住む町を支配し「闇駅」と呼ばれるシャドーラインの拠点を設置、そこにいる人間達から闇を集めている。一度死ぬと体内に蓄えられた闇が暴走し、巨大化して復活する。全ての怪人には列車の形式番号を模して付けられた識別番号・闇形式が与えられており、闇の皇帝ゼットの配下は「ゼ〇△△-□」、ノア夫人の配下は「ノ〇△△-□」など、闇形式だけで誰の配下であるかが分かるようになっている。

闇の皇帝ゼット配下編集

輝きを求めるゼットの嗜好を反映してか、彼の配下のシャドー怪人も何かしら光や輝くものに関連した能力を持つ。闇形式は「ゼ〇△△-□」。

ノア夫人配下編集

ゼットと結婚するグリッタのため、闇の質に拘った作戦を行う事が多い。闇形式は「ノ〇△△-□」。

ネロ男爵配下編集

質よりも量に拘った作戦を行う。闇形式は「ネ〇△△-□」。

シュバルツ将軍配下編集

他の幹部と異なり軍人である為、配下の怪人はいないが、かつての同士としてザラムがいた。

グリッタ嬢配下編集

グリッタ嬢の意向により、シュバルツ将軍のサポートを目的として出撃する者がほとんどである。闇形式は「グ〇△△-□」。

モルク侯爵配下編集

侯爵はシャドータウンの統括責任者であるため、彼女の配下もシャドータウンの管理人で構成されている。通常のシャドー怪人と異なり、チェスのコマをモチーフとしている。闇形式は「モ〇△△-□」。

ナイル伯爵配下編集

メモ編集

  • 同じく篠原保がデザインを行った「侍戦隊シンケンジャー」のアヤカシ二の目と同様に、一度倒されても自動的に巨大化する能力を持つ。
  • 闇形式の数字は、〇が等級、△が語呂合わせ、□が話数もしくは劇場版のタイトルの一部が使用されている。

カテゴリ「シャドー怪人」にあるページ

以下の2ページがこのカテゴリに含まれており、そのうち2ページが表示されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki