FANDOM


妖怪(ようかい)は、古来より日本に生息する異形の怪物。

概要編集

その正体は、人の心に潜む怒りや憎しみのマイナス情念が生み出す、人間の負の側面そのものである。追い詰められると、立ち上る黒雲と化した妖怪エネルギーの落雷を浴びて巨大化する。倒されると爆散と同時に彼らを形成していた妖怪エネルギーが梵字の形となり、昇天しながら消え去っていく。

経歴編集

2000年前に本格化した人間と妖怪の戦いは、三賢人の活躍により人類側の勝利に終わり、妖怪大魔王と彼の配下の妖怪達は地底界に追放された。

戦国時代においても、大魔王の復活を目論むヌラリヒョン一派が暗躍したが、鶴姫率いる5人の隠流忍者によりヌラリヒョンと妖怪エネルギーが封印の扉の中へと封印され、指導者を失った妖怪達は再び衰退していった。

それから400年後の現在、カッパに騙されたサスケサイゾウによって封印の扉が開放され、再び妖怪達は大魔王復活に向け活動を再開した。復活当初は皆個別に活動を行っていたが、やがて大魔王の息子・貴公子ジュニアの下に集結し、妖怪軍団として組織だった行動を取る様になった。

妖怪の一覧編集

カテゴリ「妖怪 (カクレンジャー)」にあるページ

以下の12ページがこのカテゴリに含まれており、そのうち12ページが表示されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki