FANDOM


パワーレンジャー・ニンジャスティール > ニンジャスティールレンジャー > サラ・トンプソン
 
Sarah.jpg
ニンジャスティールピンク
サラ・トンプソン
性別:
シーズン: ニンジャスティール
色: ピンク
出身地: 地球
初登場: Return of the Prism
最終話:
登場話数:
登場話一覧
演者: クリスティ・エイン
Momoninger Pink Shinobi Warriors.jpg
"スピードオブニンジャ!ニンジャスティールピンク!!"
―名乗り口上[src]

サラ・トンプソン(Sarah Thompson)は、ニンジャスティールピンクニンジャスティールレンジャーの一員である。

性格編集

偉大なエンジニアになる事を夢見る18歳の女性。その高い技術力と発想を生かして、レンジャーの様々な新装備を開発し、戦闘時においてはチームのブレインとして、仲間たちを勝利へと導く。常にインスピレーションを刺激する出会いを求めており、手製のホバーボードを片手に街中を飛び回っている。

経歴編集

ニンジャスティールレンジャーの結成編集

新学期初日、ホバーボードでハイスクールに登校したサラは、クラスメイトのプレストンと共に何かが空から墜落する瞬間を目にする。興味をそそられ逃げ腰のプレストンと共に墜落現場に向かったサラは、見知らぬ青年恐ろしい怪物に殺されようとしている場面に遭遇し、必死の体当たりで彼を助けた。するとその近くに墜落していたニンジャネクサスプリズムは光を放ち始めた。ブロディに誘われるがままにプリズムに手を伸ばしたサラは、ピンクのニンジャパワースターを手に入れ、同様にパワースターを手に入れたサラ・ブロディと共にニンジャスティールレンジャーへと変身した。サラらは巧みな忍術で敵を翻弄しニンジャブラスターの一斉射撃で怪物にトドメを刺した。Return of the Prism

10年ぶりに実家へと帰ったブロディであったが、そこに父や兄の姿はなく、落ち込むブロディをサラは励ました。その後、ニンジャスティールを発見したブロディの友人・ミックから連絡を受けた3人は、新たなレンジャーであるケルヴィンハーレーと合流し、5人でリッパーラットを撃破した。その後、リッパーラットが巨大化すると、5人のレンジャーはニンジャスティールがニンジャプリズムの力によって変化したゾードスターを用いてニンジャスティールゾードを召喚し、これを撃破した。サラは、手製のホバーボードによく似た自分のゾードをズームゾードと名付けた。Forged in Steel

様々なクラブ活動に興味を惹かれるサラは、実体を持ったホログラム映像を作り出す装置を開発し、自身は秘密基地内で研究活動を行いながら、装置を使って陸上競技やチェス、キャンプ活動やアーチェリーなど様々なクラブ活動を同時進行で楽しんでいた。しかしこの装置をハックトラックにハッキングされ設計図を盗まれ、この装置を利用して巨大なガルバナックスの8体のホログラムを生み出され、サマーコーヴ市は大混乱に陥ってしまう。責任を感じたサラは、自身の4体のホログラムそれぞれに別の解決策を模索させるが、一度に同時に4つの楽器を演奏しようとするミックに、身をもってそんな事は不可能であると教えられ、ホログラムを消去し冷静に一つの作戦を計画した。計画通り、ハックトラックにコンピュータウィルスをハッキングさせ、敵の装置を破壊する事に成功したサラは勝利後、レンジャーとして地球を守る事に集中するため、ヘイスティングス校長に4つのクラブ活動を辞める事を報告した。Hack Attack

ニンジャスティールピンク編集

Ninjamaster-pink.png

ニンジャマスターモード

ニンジャマスターモード(Ninja Master Mode)は、ニンジャスティールメガゾード操縦時専用の変身形態。操縦席に用意されたニンジャマスターモードスターをニンジャスターブレードを用いて発動させることで、レンジャーの姿がこの姿へと変化する。

装備

ゾード


舞台裏編集

演者編集

サラ・トンプソンを演じるのはクリスティ・エイン

メモ編集

関連項目編集

脚注編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki