FANDOM


忍者戦隊カクレンジャー > 妖怪軍団 > テング
テング
テング
登場話: 第12話 出たァ!! 新獣将
戦隊: 忍者戦隊カクレンジャー
所属組織: 妖怪軍団
身長:
体重:
演者: 岸野一彦
モチーフ: テング


テングは、妖怪軍団に所属する妖怪

概要編集

雑誌『週刊妖怪』の「強い妖怪ランキング」で第3位に入るほどの実力者。自身の強さに絶対の自信を持つが、天狗であるため、威張ると鼻が伸びる。

経歴編集

ランキング1位になる事を目論むテングは、部下のユガミ博士カクレンジャーを倒すための発明を命じた。

ピエロに扮したドロドロに子供を粘土に取り込ませ誘拐したテングは、これを追って現れたカクレンジャーの前で、博士が開発した薬品を粘土にふりかけ、カッパオボログルマアズキアライモクモクレンヌリカベからなる妖怪レプリカ軍団を生み出し、カクレンジャーに勝負を挑んだ。

勝負を急ぎレプリカと共に妖怪エネルギーを浴びて、五獣将との巨大戦を挑んだ。レプリカの体内に誘拐した子供を一人ずつ入れておくことでカクレンジャーの攻撃を封じ、一方的に攻撃を仕掛けるテングたちであったが、どんな窮地においても決して諦めないサスケの覚悟に応え、五獣将の分身・獣将ファイターが召喚されてしまう。レプリカはファイターによって瞬く間に蹴散らされ、テングは単身で無敵将軍に挑むものの、火炎将軍剣で長い鼻を切り飛ばされ爆散した。テングの死と共にレプリカも消え去り、子供達は無事に生還した。第12話 出たァ!! 新獣将

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki