FANDOM


ZSK-Debo Nagareboshi
ミーティア
登場話: World Famous!
(In New Zealand)

Deep Down Under
シーズン: ダイノチャージ
所属組織: スレッジ一味
身長: 209cm (巨大化時:52.3m)
体重: 170kg (巨大化時:425.0t)
演者: ステファン・バターワース
モチーフ: 隕石
"3度目は無いぞ!"
―2度目の断末魔[src]

ミーティア(Meteor)は、スレッジに捕らえられた賞金首の一人。

概要編集

全身の隕石状の強固な外殻により、あらゆる攻撃をはじき返す。身に着けた完璧な投球フォームから、無数の隕石が敵を襲うミリオンシャワー、ピッチャーマシンを腕に装着して連続隕石攻撃を繰り出すファイナルディストラプションなど様々な隕石で敵を攻撃する、攻守共に優れ、自分に絶対の自信を持つ賞金首。口癖は「ミリオン~」。

またアイスエイジスティングレイジと協力する事でミリオンボールという合体必殺技を放つことが出来るが、詳細は不明。

経歴編集

パープルのエナジェムを回収すべく、スレッジによってニュージーランドへと送り込まれたミーティアは、レンチの再生装置によって復活したアイスエイジスティングレイジと共に、オークランドの市街を襲撃した。やがてパープルのエナジェムの持ち主であるアルバート・スミスを発見するも、同時にダイノチャージレンジャーと遭遇した3体は戦闘を開始する。小型隕石を用いた必殺技・ミリオンボールを放とうとするミーティアであったが、これをライリに奪い取られ、逆にタイラーに6人のレンジャーのパワーを込めたボールを投げ返され、その威力に耐え切れずに爆散した。

マグナビームを照射され巨大化し隕石を召喚して攻撃を仕掛けるが、ダイノチャージメガゾード・アンキロ・パッキーフォーメーションの繰り出すカンフー攻撃を前に手も足も出ず、パッキーゾード・レッキングボール・ファイナルストライクにより粉々に粉砕された。World Famous! (In New Zealand)

死後、プレシオゾード捜索の為に直ちにレンチによって復活させられたミーティアはフューリーと共に、レンジャーを襲撃し自慢の隕石攻撃を繰り出すが、その悉くをタイラーの拳で粉砕され、自身を喪失し撤退した。ゾードの居場所を探し当てたレンジャーを再び襲撃したミーティアは、ゾードを復活させようとパープルのエナジェムを手に単身戦場を離れたシェルビーを遂に追い詰めたが、ランガ博士の手によってプレシオゾードを復活させられてしまう。

命からがら洞窟から逃げ出したミーティアは再びマグナビームによって巨大化するが、プレシオゾードによって宇宙空間まで運ばれ、さらにゾードが変形したプレシオチャージメガゾードのギャラくティックブラストで再び撃破された。Deep Down Under

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki