FANDOM


非公認戦隊アキバレンジャー > 邪団法人ステマ乙 > 代々木スジボケハシリグモ
代々木スジボケハシリグモ
代々木スジボケハシリグモ
登場話: 第7話 妄走イタッシャー限界突破せよ!
戦隊: 非公認戦隊アキバレンジャー
所属組織: 邪団法人ステマ乙
身長:
体重:
演者: 二又一成
モチーフ: クモ


代々木スジボケハシリグモ(よよぎ - )は、邪団法人ステマ乙に所属する係長

概要編集

生物に寄生し自在に操る能力を持つ。寄生された対象の限界以上の力を引き出し、超人的スピードで行動することが出来る。

経歴編集

HSA-Yoyogi Host.png

寄生されたシャチーク

現代日本の象徴を、秋葉原ではなく東京オリンピックに縁の深い代々木とすべく、マルシーナに騙され変身し妄想世界に現れたアキバレンジャーの前にシャチークに寄生した姿で現れ、戦いを挑んだ。圧倒的スピードでレンジャーを翻弄し、彼らの妄想手段であり帰還手段でもあるモエモエズキューーンを奪うと、超スピードで走り出しレンジャーと追いかけっこを始めた。アキバレッドが召喚したマシンイタッシャーに追いつかれそうになると、ハシリグモはママチャリを出現させ更なる加速でイタッシャーを引き離した。

HSA-Yoyogi Giant.png

巨大化後

レンジャーがハシリグモに追いつくべく3人の妄想力を合わせ、妄想世界から建築物を取っ払い安っぽいCGのような世界に変質させるとハシリグモは巨大な姿へと変貌し、ロボへと変形したイタッシャーと巨大戦を開始する。ロボのミサイルやマシンガンを軽々と避けると、ハシリグモは火炎球を放ちロボの足場を崩落させ、更なる火炎球をロボに向かって放つ。レンジャーが現実と妄想世界の壁を破って火炎球を回避すると、ハシリグモもまた現実世界へと現れたが、最期は秋葉原の街頭看板を妄想力によって変形させたカンバンバンによってあっけなく撃破された。第7話 妄走イタッシャー限界突破せよ!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki