FANDOM


手裏剣戦隊ニンニンジャー > ニンニンジャー > 加藤・クラウド・八雲
 
Ninnin-yakumo.jpg
アオニンジャー
加藤・クラウド・八雲
性別:
戦隊: 手裏剣戦隊ニンニンジャー
色: ブルー
出身地: 地球
初登場: 烈車戦隊トッキュウジャーVS
キョウリュウジャー THE MOVIE
最終話:
登場話数:
登場話一覧
演者: 松本岳
800full-shuriken-sentai-ninninger-screenshot.jpg


"轟け八雲!アオニンジャー!!"
―名乗り口上[src]

加藤・クラウド・八雲(かとう やくも)はアオニンジャーニンニンジャーの一員であり、ラストニンジャこと伊賀崎好天の孫である。

概要編集

華麗で華やか、真面目なおぼっちゃんタイプな19歳。一見クールだが、仲間への想いは熱く、天然ボケな面もありムキになる事も多い。口癖は「イージーだな」。

経歴編集

ニンニンジャー結成編集

伊賀崎好天を祖父に持つ忍者の一族の系譜でありながら、忍者に余り興味の無い八雲は、イギリスの魔法学校で西洋魔法を学んでいた。

旋風によって伊賀崎忍術道場へと集められた八雲・風花は、放浪の旅から帰ってきた天晴からヒトカラゲと戦ったと報告される。旋風から忍者一番刀で戦うよう頼まれる八雲であったが、西洋の魔法学校での勉強に忙しく、何より忍者に興味が無い八雲はこれを固辞する。更に牙鬼幻月の封印にも何の異常も無く、呆れて立ち去ろうとする八雲たちであったが、十六夜九衛門の手によって幻月の封印が解かれ、48の封印の手裏剣が散り散りに飛び去ってしまう。やがて町に妖怪カマイタチが現れ人々を襲いだすが、八雲たちは恐れて身動きが取れない。そんな中、一人で敵に立ち向かう天晴の姿を見た八雲たちは戦う覚悟を決め、ニンニンジャーへと変身してカマイタチを撃破し、更にカマイタチが巨大化するとオトモ忍ドラゴマルを召喚しシュリケンジンへと合体、これを撃破した。忍びの1 俺たちはニンジャだ!

魔法忍者への道編集

5人の孫の前に現れた「ラストニンジャ」こと好天は、多くの忍術を学び最も忍タリティを高めたものに「ラストニンジャ」の称号を譲ると宣言する。仲間が皆5トン忍シュリケンを使いこなせない中、ただ一人これを使いこなした八雲であったが、「ラストニンジャ」の称号には興味が無いと言い放ち、これに強い憧れを持つ天晴と一時険悪な雰囲気となる。そんな中現れた妖怪カッパを火炎の術で撤退に追い込んだ八雲は、一人でこれを追撃し再び火炎の術で攻撃するも、逆に追い詰められてしまう。実戦で本領を発揮し手裏剣忍法の発動に成功した天晴に助けられた八雲は、天晴と共にカッパを破り、巨大化したカッパをシュリケンジンドラゴで撃破した。戦闘後、八雲は忍者に魅力は感じないとしながらも、忍術と魔法を併せ持ち、天晴も好天をも上回る「ラストニンジャ」になると宣言するのだった。忍びの2 ラストニンジャになる!

妖怪ウンガイキョウが街中で無害ながらも怪しげなそぶりを見せる中、忍者の修行に大学での勉強にと何かと忙しげな霞の姿を見た八雲は、彼女が忍者の道を取るのか科学者の道を取るのか悩んでいるのではと心配する。悩みぬいた八雲は、どちらの夢も諦める必要はないと優しい言葉をかけるが、霞には元からそのつもりであるとすんなり言葉を流された。霞が悩んでいたのは、ウンガイキョウの作戦を妨害するカラクリ忍スイッチを作るために睡眠時間が中々取れなかったことであり、忍者か大学か、どちらかの道を諦めるつもりなど最初から全く無かったのであった。忍びの5 宇宙忍者UFOマル!

終わりの手裏剣を求めて、妖怪イッタンモメンが八雲の母・春風が主催するファッションショー会場を襲撃する。敵の魔法で仲間を次々にネズミや漬物石にされ、遂にはたった一人追い詰められてしまう八雲であったが、身代わりの術を駆使して敵の魔法を回避していた霞と、魔法と忍術の融合という新たな戦闘スタイルを発揮した八雲の活躍により、母を無事に救出する事に成功した。忍びの9 忍術VS魔法、大バトル!

八雲がハイスクール入学時に母からプレゼントされ、それ以来ずっと愛用してきた芝刈り機「カーリー」に封印の手裏剣が突き刺さり、妖怪オトロシとなってしまう。カーリーを諦めきれない八雲はオトロシを守るために天晴に刃を向けるなど苦悩するが、最後は覚悟を決め、オトロシを自らの手で斬り倒した。その後、巨大戦の最中に日本に帰ってきたキンジからオトロシを元の姿に戻す方法を聞いた八雲は、封印の手裏剣だけを攻撃し、見事カーリーを取り戻すことに成功した。忍びの18 八雲が愛した妖怪

妖怪ヌリカベが作り出した「天晴」という名の人生の壁により、八雲とキンジは閉じ込められてしまう。どうあがいても乗り越えられないと絶望しかける2人であったが、越えられない壁なら穴を開ければいいと発想を切り替え脱出し、天晴と共にヌリカベを撃破した。その後、頭が柔軟になった2人はシュリケンジンバイソンキング、そしてライオンハオーの合体方法を思いつき、見事に覇王シュリケンジンを誕生させた。忍びの22 超合体! 覇王シュリケンジン

Yakumo girl.jpg

女装した八雲

超人気俳優・SILVER主演の映画のオーディションに妖怪が潜んでいるとの情報を掴んだニンニンジャーの面々は、オーディションに紛れ込む事となり、八雲は凪と共に女装して会場に潜入するが、隙を突かれて噛みつかれ意識を失ってしまう。その後の巨大戦には参加した八雲であったが、女装のショックが大きかったのかしばらくの間、女性口調が抜けなくなってしまった。忍びの25 夏だ! ドラキュラにご用心


八雲に恋する忍者スズメバチの毒針により、天晴ら仲間達が次々と倒されていく。八雲は外道の手段であると知りつつもハニートラップを仕掛け、彼女から解毒剤を奪い取り、怨嗟の声に啼くスズメバチを自らの手で斬り倒した。忍びの33 八雲を愛したくノ一

八雲の母校であるイギリスの魔法学校の校長先生の孫であるエレナが来日した。彼女が一人前の魔法使いになった自分と結婚することを夢見ていると思い込んでいた八雲は、仲間に協力してもらい「魔法戦隊マジマジジャー」として妖怪アミキリと戦い、更にはエレナを人質に取ったアミキリへの怒りで初めての超絶化を果たすなど、数々の修羅場を経験する。だが既に新しいボーイフレンドを作っていたエレナは、八雲をあっさりと振ると、迎えに来た小津翼と共にイギリスへと帰っていった。忍びの38 魔女っ子は八雲がお好き?

アオニンジャー編集

Ninnin-blue.png

アオニンジャー

"アオジャー!ニンジャー!"
―変身時のアナウンス[src]

装備

メカ


Chozetsu AoNinger.png

アオニンジャー超絶

"ザ・チョウゼツ!チョウゼツ!ニンジャー!!"
―変身時のアナウンス[src]

アオニンジャー超絶(アオニンジャーちょうぜつ)は、アオニンジャーが超絶勝負チェンジャーを使用して獅子王と融合し、超絶変化したパワーアップ形態。身に纏った城壁の様なジョウ忍カッチュウの力により、超絶的攻撃忍法を発動する事が可能となる。

装備

メカ


ChozetsuYakumo.jpg

超絶八雲

"ザ・チョウゼツ!チョウゼツ!ニンジャー!!"
―変身時のアナウンス[src]

超絶八雲(ちょうぜつやくも)は、八雲の忍者成人式が近いことを知った獅子王が、粋な計らいから八雲と融合し、超絶変化したおしゃれな忍者成人式用衣装。身に纏った城壁の様なジョウ忍カッチュウの力により、超絶的攻撃忍法を発動する事が可能となる。

装備

メカ


Seiryumaru.png

セイリュウマル

セイリュウマルは、クールにハイスピードに突進する青龍(せいりゅう)をイメージして八雲が製作したオトモ忍オトモ忍シュリケン激熱を用いる事で召喚する事が出来るが、各々が独自の意思と心を持つ伊賀崎好天の製作したオトモ忍とは異なり、セイリュウマル自身に心は無く、アオニンジャーが憑依合体の術で融合しないと起動する事が出来ない。他5体のオトモ忍とゲキアツシュリケン合体する事でカラクリ巨大ロボ・ゲキアツダイオーが誕生し、セイリュウマルは右腕を構成する。

レンジャーキー編集

AoNinger Ranger Key.jpg

アオニンジャーレンジャーキー

アオニンジャーレンジャーキーは、八雲のアオニンジャーとしての力が形となったレンジャーキージュウオウジャーの危機を察知し、地球へと帰還した伊狩鎧の要請により八雲の手からジョー・ギブケンへと貸し与えられた。第28話 帰ってきた宇宙海賊第29話 王者の中の王者

舞台裏編集

演者編集

加藤・クラウド・八雲を演じるのは松本岳。アオニンジャーのスーツアクター中田裕士、レギュラー戦士を演じるのは本作が初となり、翌年の「動物戦隊ジュウオウジャー」においてはジュウオウエレファントを演じている。

メモ編集

  • 純粋な青色の忍者戦士は、八雲が初めてとなる。ニンジャブルーハリケンブルーのスーツの色はライトブルーであり、クワガライジャーのスーツは紺色である。
  • 変身後の名前に「アオ」(青)という和名の色が含まれた青の戦士は、初代青の戦士である新命明以来の事となる。

関連項目編集

脚注編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki