FANDOM


海賊戦隊ゴーカイジャー > 宇宙帝国ザンギャック > 参謀長ダマラス
 
DamarasTVA
参謀長ダマラス
性別:
戦隊: 海賊戦隊ゴーカイジャー
所属組織: 宇宙帝国ザンギャック
役職: 参謀長
出身地: 不明
初登場: 第1話 宇宙海賊現る
最終話: スーパーヒーロー大戦Z
登場話数:
登場話一覧
演者: 石井康嗣


ダマラスは、宇宙帝国ザンギャックの参謀長。

概要編集

皇帝アクドス・ギルの命により、司令官ワルズ・ギル率いる第二次地球侵略艦隊に同行している。ワルズ・ギルの補佐役兼作戦参謀。真面目かつ実直な性格で、ワルズ・ギルに対して確かに忠義を持っているが、人として器が小さく、また艦隊司令官としては未熟すぎると考えている。そのため、一貫性が無く気分で内容を変えてしまうワルズ・ギルの稚拙な作戦指示に度々諫言を行うが、ダマラスに内心見下されていることを知っているワルズ・ギルは、彼の進言を取り入れることは無い。

開発技官インサーンとは互いに信頼しあっており、ダマラスがワルズ・ギル死亡の責任を取らされ皇帝親衛隊員に拘束された際には、彼女の必死のとりなしによってダマラスは拘束から解放されている。バスコ・タ・ジョロキアとは以前協力関係にあり、内密に連絡を取り合いバスコの先導によって赤き海賊団の壊滅にも成功したが、両者の間に一切の信頼関係は無い。帝国内で同格の権限を持つ皇帝親衛隊との仲は悪く、デラツエイガーからは遅々として進まぬ地球侵略について「貴様がついていながら」と見下され、ダイランドーからはワルズ・ギルを護れなかった事から、インサーン・特務士官バリゾーグとあわせて「無能トリオ」と呼ばれてしまった。

戦士としては、宇宙最強とも噂される高い戦闘能力と沈着冷静な頭脳を持つ帝国屈指の実力者で、「宇宙最強の軍師」の異名を持つ。得意技は愛刀・ダマラソードから繰り出す衝撃波で、ゴーカイジャーはおろか、真の姿のバスコすら吹き飛ばす絶大な威力を秘めている。さらに特殊ジャケットの袖の中には6連式のガトリング砲・ダマランチャーを隠し持っており、死角からの敵の攻撃にも瞬時に対応できる。

経歴編集

ゴーカイジャー以前編集

宇宙帝国ザンギャックへの抵抗活動を続ける赤き海賊団を壊滅させるため、その団員であるバスコと内通し急襲、海賊団を壊滅させた。だが、マーベラスナビィゴーカイガレオンと共にこの攻撃から逃げ延びており、この事が後のゴーカイジャー結成のきっかけとなった。第15話 私掠船現る

ゴーカイジャー編集

ザンギャックの第一次地球侵略作戦の失敗後、皇帝アクドス・ギルから第二次地球侵略艦隊の司令官ワルズ・ギルの補佐を命じられたダマラスは、旗艦ギガントホースに乗り込み地球へと向かい、ワルズ・ギルの新たな地球侵略作戦を補佐し始めた。第1話 宇宙海賊現る

地球を守る義理の無いゴーカイジャーが地球に居座っている理由が気になったダマラスは、スニークブラザーズをゴーカイガレオンに潜入させ、彼らの目的がレジェンドたちが持つ大いなる力を集めることである事を知った。第8話 スパイ小作戦

ゴーカイジャーが大いなる力を手に入れるために天空島へ向かったことを知ったダマラスは、それを横取りするために独断で島に行動隊長バウザーを派遣する。しかし作戦はガオライオンの反撃により失敗し、作戦内容もワルズ・ギルにバレてしまい、ダマラスはスニークブラザーズが手に入れた情報を伝える。だがワルズ・ギルは「大いなる力」を小さいものと考えて聞き入れず、バウザーに地球侵略へと作戦変更を伝えた。第9話 獅子、走る

大いなる力を警戒するダマラスは、密かにザンギャックの私掠免許を持つ宇宙海賊バスコ・タ・ジョロキアにゴーカイジャーやレンジャーキーの情報を流し、彼に大いなる力を奪わせることにした。第15話 私掠船現る

渾身の作戦の失敗によってワルズ・ギルは数日間失神していたが、ダマラスは「居ない方が静かだ」と思わず口走ってしまった。そして静かな環境で、行動隊長オソガインに地球に侵略の前線基地設営を命令したが、この作戦はゴーカイジャー6人目の戦士・伊狩鎧の活躍によって失敗してしまった。第18話 恐竜ロボットドリルで大アバレ

地球風邪が悪化し、更に行動隊長ダイヤールの敗北に衝撃を受け重体となったワルズ・ギルの姿を見たダマラスは、思わず声を荒げ、取り乱しながら彼の元へと駆け寄った。第29話 アバレ七変化で新合体

アクドス・ギルから親衛隊ドゴーミンと共に、帝国の科学の英知を結集した最強の決戦機グレートワルズがギガントホースに送り込まれる。ダマラスが皇帝に「地球侵略は荷が重過ぎるのでは?」と進言するなど、周囲から見下されることに我慢ならなくなったワルズ・ギルは、グレートワルズに乗り込み、唯一の忠臣であるバリゾーグと共に出陣しゴーカイジャーと直接対決、ゴーカイオー豪獣神を同時に相手取り、一度は勝利する。第37話 最強の決戦機しかし二度目の対決においてグレートワルズはカンゼンゴーカイオーに敗れてしまい、ワルズ・ギルもその爆風に飲まれ死亡した。ワルズ・ギルの亡骸を目の当たりにしたダマラスは、亡骸を抱きかかえ、後悔と自責の念を胸にゴーカイジャーへの復讐を誓った。第38話 夢を掴む力

遂にザンギャック皇帝アクドス・ギル自らが地球侵略に乗り出す。ダマラスは、ワルズ・ギル死亡の責任を取らされ、参謀長の地位を奪われ投獄されてしまう。第41話 なくしたくないものインサーンの尽力により釈放されワルズ・ギルの敵討ちの機会を与えられたダマラスは、ゴーカイジャー抹殺のために動き始める。バスコを力ずくで従えたダマラスは、ジョールカアイムを倒し、マーベラスを捕らえた。ジョーらの始末をバスコに命じるダマラスであったが、以前から障害として認識していなかったハカセのことはやはり眼中に無く、放置して帰還した。第42話 宇宙最強の男

アクドス・ギルの命によりマーベラスの公開処刑を執り行うこととなる。処刑の妨害をしに現れたハカセを一蹴するダマラスであったが、その隙にナビィの手によってマーベラスは解放されてしまう。さらに残り2つの大いなる力をマーベラスたちに探させたいバスコの裏切りにより深手を負い、始末されていなかったジョーらの合流により6対1の状況となってしまう。それでもなお高い実力を見せ、ゴーカイガレオンバスター・ライジングストライクにも耐え切って見せた。しかし続けざまに放たれたグリーンチャージ・ライジングストライクを受け敗北、巨大化ビームを受け巨大化する。巨大化後も最強と謳われた実力を遺憾なく発揮しゴーカイオーと豪獣神を追い詰めるが、続け様に召喚されたマジドラゴンパトストライカーガオライオン風雷丸マッハルコンの攻撃により武器を失い、最期はカンゼンゴーカイオーのゴーカイカンゼンスーパーバーストを受け爆散した。

ダマラスの敗北という異常事態を受け、アクドス・ギルはゴーカイジャーに対する認識を改め、ザンギャックの戦力再編を決意する。バスコは裏切り者として私掠免許を取り消され、改めて1000万ザギンの賞金首となってしまった。第43話 伝説の勇者に

ゴーバスターズVSゴーカイジャー編集

Escape with Damaras and Basco

ダマラス、バスコ、エスケイプのアバター

アバターがエンターによって作られた。同時に復活したバスコやエスケイプとは異なり、彼は終始うなり声しか上げなかった。バスコと同じく戦闘力はオリジナルより劣り、最後は鎧、ハカセ、アイムが豪快チェンジしたシュリケンジャーゴウライジャーの手によって撃破された。特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャーTHE MOVIE

スーパーヒーロー大戦Z編集

軍師レイダー率いる宇宙犯罪組織マドーの一員として復活した。だが、無数の復活怪人の中の一人に過ぎず、大した見せ場も無く再び死亡した。スーパーヒーロー大戦Z

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki