FANDOM


烈車戦隊トッキュウジャー > トッキュウジャー > 渡嘉敷晴
 
Tqgtokatti.jpg
トッキュウ2号
渡嘉敷晴
性別:
戦隊: 烈車戦隊トッキュウジャー
色: ブルー
出身地: 地球
初登場: 獣電戦隊キョウリュウジャー
VSゴーバスターズ
恐竜大決戦! さらば永遠の友よ
最終話:
登場話数:
登場話一覧
演者: 平牧仁
永瀬圭志朗(幼少期)
Tokkyu 2.png


渡嘉敷 晴(とかしき はる)はトッキュウ2号トッキュウジャーの一員である。通称"トカッチ"。サポートリーダー。

性格編集

知的だが極度に慎重で几帳面な性格。頭の回転は決して遅くなく分析能力に長け、作戦立案能力も有するが、深く考えすぎる悪癖があり、タイミングを逃し結局その策を活かせない事も多い。勉強好きだが長考癖のために学業の成績はヒカリに劣り、体力が無いために戦いに関してはライトミオ、場合によってはカグラにも劣るため、自分がトッキュウジャーで一番の足手まといなのではないかと常に不安を抱いている。

経歴編集

昴ヶ浜の消滅編集

トカッチは、小学生の頃に昴ヶ浜へと引っ越してきた転校生であった。転校したてで一人ぼっちであった所をライト達に受け入れられ、5人は友人となった。第19駅 出発!ビルドダイオー

星祭りの夜に突然、昴ヶ浜はシャドーライン闇の皇帝ゼットの強大な闇に飲み込まれてしまう。

トッキュウジャー結成編集

そして気がつくと、トカッチはミオヒカリカグラと共に烈車に乗っていた。自分達が幼馴染であること以外何も思い出せない4人は、もう一人の幼馴染であるライトと合流し、目の前で襲われている人々を助けるためにトッキュウジャーへと変身し、バッグシャドーを撃破した。始発駅 特急列車でいこう

レインボーパスを紛失し烈車に乗れなくなったトカッチは、ミオと共に徒歩でストーブシャドーが暴れる現場へと向かう。その道中、自分がトッキュウジャーの足手まといなのではと不安を口にしたトカッチに対し、ミオも自分のイマジネーションが皆に劣るのではないかという不安を吐露する。二人はコンプレックスを持つもの同志頑張ろうと決意を新たにした。第4駅 忘れ物にご注意を

サポート烈車捜索の最中に、トカッチは話の流れでチームのリーダーに選ばれる。張り切るトカッチであったが、シュバルツ将軍の妨害もありやること為すこと空回りし、仲間達との助け合いの果てにようやくタンクレッシャーを発見する。ここに至りトカッチは、トッキュウジャーはメンバー全員がリーダーであるという結論に達する。第6駅 探し物はなんですか

タイプシャドーの能力により、この日の夕焼けと共に死ぬ事を運命付けられてしまうが、逆にその能力を利用し生き返ることに成功、無事仲間の元へと帰還した。どんなに絶望的な状況でも決して諦めずあがき続けるトカッチの姿を間近で見た野球少年の藤沢宏樹は、夢を叶える為に必要なものとは何かを学び取った。第10駅 トカッチ、夕焼けに死す

ランプシャドーの催眠術により、ライトを除く4人は記憶を封じられ、トカッチは会社員などそれぞれが別の生活を送っていた。それでも秘密基地のパスの事だけは忘れていなかった4人はライトの窮地に駆けつけ、5人の力でランプシャドーを撃破した。第12駅 虹の定期券

新たな仲間編集

新たにトッキュウ6号となった虹野明に早く打ち解けて欲しいトカッチは、「仲間」という考え方を明に押し付けるが、彼は全く理解できないという。その後、フェンスシャドーに仲間たちを捕えられ、自身が負った怪我も省みず敵に立ち向かおうとするトカッチの姿を見た明は、その姿から仲間とは何かを学んだ。第19駅 出発!ビルドダイオー

シュバルツ将軍との決戦に向かう最中に佐熊神社のお祭りに立ち寄った5人は、自分達の故郷が昴ヶ浜であること、そしてある年の祭の晩に昴ヶ浜が闇に飲み込まれたことを思い出した。記憶の一部を取り戻し決意を新たにした5人は、明と共に全烈車の合体形態・超超トッキュウダイオーを生み出した。第23駅 手と手をつないで

おとぎ駅でピンスポシャドーの照射光線を浴びたことにより、トカッチのイマジネーションから謎のヒーロー・リョーナイトが現れる。自身の実力の無さから特訓を重ねていたトカッチであったが、リョーナイトの言葉から練習よりもまず落ち着くことが重要であると知ったトカッチは、仲間との連携で怪人を撃破した。怪人を撃破すると共に消え去っていくリョーナイトことお兄ちゃんに、トカッチは感謝の言葉を伝えた。第25駅 おとぎ話が飛び出して

ミオに優しくされたヒカリに対して、トカッチは嫉妬心を露にする。そんな風に素直に感情を表に出せるカッコ悪いところがトカッチのカッコ良いところだとヒカリは述べ、自分もトカッチを羨ましく思っていると本心を伝えた。その後、トカッチは牛乳をぶっ掛けられた事に対してツッコミをぶちかまし、ライトを正気に戻した。第28駅 カッコ悪いがカッコ良い

失われた記憶の真実編集

ハイパーレッシャターミナルに辿りついたトッキュウジャーは、レインボーライン総裁から突然の戦隊解散を告げられる。第31駅 ハイパーレッシャターミナル実は、自分たちが実はイマジネーションの力で無理やり大人になっただけの子供で、このままトッキュウジャーとして戦い続ければ元の子供の姿には戻れなくなると伝えられ、思い悩む。しかし、元の生活に戻れなくなったとしても大切な家族や町を取り戻すと決意を固めたトカッチたちは、連携してテーブルシャドーチェアシャドーを撃破した。こうしてトカッチたちは、失われていた記憶の全てを取り戻した。第32駅 決意

ミオに一目ぼれした一般人・表参道義雄を諦めさせるため、ミオは明が恋人であると嘘をつく。それでも表参道が諦めないため、ミオは明とデートを行い、遂にはキスをすることになる。偽デートであると知りつつも嫉妬心を抑えきれなくなったトカッチは、その場になだれ込んできたライトからハイパーレッシャーを奪い取りハイパートッキュウ2号に変身、八つ当たり気味に1人でビリヤードシャドーを撃破した。第34駅 恋は大騒ぎ

マンネンヒツシャドーに0点を付けられてへこみ、戦闘不能になった。第36駅 夢は100点

自分の食べたいお弁当すら決められない優柔不断なトカッチに、明はどんなに厳しい決断であろうとも下すべき決断は必ず下すと約束させた。トカッチは約束どおり、明を見捨てなければならない場面において絶対に明を見捨てないと決断を下し、仲間と共に管理人ナイトを撃破した。第37駅 理不尽クイズ

突然、明が姿を消した。その一方でボセキシャドーが現れ、今まで倒してきたシャドー怪人を次々と復活させてくるが、これを撃破する。明の行方を案ずるライトたちの前に明が現れ、トッキュウジャーを抜けシュバルツと組む事を宣言した。第39駅 終わりの始まり

昴ヶ浜を目の前にしながら何もできない現状にトカッチ達は焦るが、ミオはこれを諌める明に同調し仲間達の無謀な行動をやめさせる。常に周囲の事を優先し自分を後回しにしてしまうミオが気になるトカッチは、彼女に父親との思い出が詰まったおにぎりを差し出し、彼女の寂しい本心を吐露させた。それと同時にトカッチのミオへの好意がバレ、お互いに照れ合ってしまった。第42駅 君に届く言葉

シャドーラインとの最終決戦編集

遂にトッキュウジャーはグリッタ嬢と共にキャッスルターミナルに突入する事となるが、ライトの中にゼットの闇が眠っている事が明らかとなり、トカッチたちはこれ以上ライトの中の闇が勢いを増すことのないよう彼を置いて作戦を実行に移す。第44駅 昴ヶ浜へ グリッタ嬢の作戦によりキャッスルターミナルは地中に沈み、昴ヶ浜は元に戻った。だが、喜ぶトカッチたちの前に現れたのは闇を纏いゼットと激しい戦いを繰り広げるライトの姿であった。そして、闇の影響の少ないトカッチたちはまだ元の子供の姿に戻れると知ったライトは、明と共謀しトカッチたちからレインボーパスを回収し、彼らを家族の下へと帰した。トカッチは、家族と共にいつも通りの生活を始めた。第45駅 君が去ったホーム

楽しい日常の中、トカッチたちは何か違和感を抱く。そんな時、トカッチたちは秘密基地でワゴンが撮影した大人のライトたち5人が映った写真を見つける。ライトの事、トッキュウジャーの事を思い出したトカッチたちが、ライトの元へと向かうパスを作ると、彼らの前に再び烈車が現れた。それと同時に再び大人の姿となったトカッチたちは、ライトの元へと急行した。第46駅 最後の行き先

ゼットに敗れ力尽きたライトの前に、トカッチたちは駆けつけた。そして闇の中でも灯り続けた星祭りの灯篭の明かりがレインボーラインのレールとなり、再び光を手に入れ走り出した烈車は、闇の巨獣をぶち抜き、世界に再び光を取り戻した。モルク侯爵ネロ男爵の闇を吸収しより強大となったゼットと再び対峙したライトは、仲間達のイマジネーションが込められたトッキュウレッシャーを乗り継ぎ、トッキュウ1号レインボーへと変身し遂にゼットを打ち倒した。

全てが終わり烈車に帰還したトカッチたちを、強いイマジネーションを持つために大人になってもトカッチをトカッチと認識できたが迎えに来る。家族に抱きしめられたトカッチ達は子供の姿に戻り、烈車に乗り何処かへと旅立っていく明と烈車たちを見送った。第47駅 輝いているもの

行って帰ってきたトッキュウジャー編集

to be added.行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号

トッキュウ2号編集

Toq-2blue.png

トッキュウ2号ブルー

"トッキュウ2号、トッキュウ2号!"
―変身時のアナウンス[src]

トッキュウ2号ブルーは、トッキュウ2号の基本フォーム。トカッチがブルーレッシャートッキュウチェンジャーにセットする事で変身する。ブルー時は、プラットホーム型銃であるホームトリガーを用いた射撃戦を得意とする。

装備

メカ


10689887 734793996575229 4213555831580220843 n.png

ハイパートッキュウ2号

"ハイパートッキュウ2号、ハイパートッキュウ2号!"
―変身時のアナウンス[src]

ハイパートッキュウ2号は、トッキュウ2号がハイパーレッシャーを用いて強化変身したフォーム。

装備

メカ

登場話: Episode 34


Toq-2red.png

トッキュウ2号レッド

"トッキュウ2号、(前の色) 乗り換えてレッド!"
―変身時のアナウンス[src]

トッキュウ2号レッドは、トッキュウ2号がレッドレッシャーを用いて乗り換えチェンジしたフォーム。この形態時は、線路型剣であるレールスラッシャーを用いた剣戟戦を得意とする。

装備

メカ

登場話: Kyoryuger vs. Go-Busters, Episodes 1, 6, 10, 20

Toq-2yellow.png

トッキュウ2号イエロー

"トッキュウ2号、(前の色) 乗り換えてイエロー!"
―変身時のアナウンス[src]

トッキュウ2号イエローは、トッキュウ2号がイエローレッシャーを用いて乗り換えチェンジしたフォーム。この形態時は、信号機型ハンマーであるシンゴウハンマーを用いた打撃戦を得意とする。

装備

メカ

登場話: Episodes 4, 19

Toq-2green.png

トッキュウ2号グリーン

"トッキュウ2号、(前の色) 乗り換えてグリーン!"
―変身時のアナウンス[src]

トッキュウ2号グリーンは、トッキュウ2号がグリーンレッシャーを用いて乗り換えチェンジしたフォーム。この形態時は、トンネル型斧であるトンネルアックスを用いた戦いを得意とする。

装備

メカ

登場話: Episodes 2, 12-13, 27

Toq-2pink.png

トッキュウ2号ピンク

"トッキュウ2号、(前の色) 乗り換えてピンク!"
―変身時のアナウンス[src]

トッキュウ2号ピンクは、トッキュウ2号がピンクレッシャーを用いて乗り換えチェンジしたフォーム。この形態時は、鉄橋型クローであるテッキョウクローを用いた格闘戦を得意とする。

装備

メカ

登場話: ToQger Vs. Gaim, Episode 15, 26

The toq-2gou eagle.jpg

トッキュウ2号イーグル

"トッキュウ2号、(前の色) 乗り換えてイーグル!"
―変身時のアナウンス[src]

トッキュウ2号イーグルは、トッキュウ2号がイーグルレッシャーを用いて乗り換えチェンジしたフォーム。この形態時は、翼を広げて飛ぶことが可能となる。

装備

メカ



舞台裏編集

演者編集

トカッチを演じるのは平牧仁、幼少期のトカッチは永瀬圭志朗が演じている。

トッキュウ2号のスーツアクター高田将司。前年の獣電戦隊キョウリュウジャーで初のヒーロー役へと抜擢されキョウリュウブルーを演じた若手スタントマンである。

メモ編集

  • トカッチの名前は、北海道の札幌~帯広間を走る特急列車スーパーとかちに由来する。
  • 変身後の名前に色が含まれない青の戦士は、クワガライジャー以来である。
  • 眼鏡をかけたレギュラー戦士は、鳥人戦隊ジェットマン大石雷太以来である。前作のドクター・ウルシェード弥生・ウルシェードは、あくまでサブレギュラーである。
    • ローカライズ作品であるパワーレンジャーを含めれば、トッキュウジャーの前日から始まったスーパーメガフォースのブルーレンジャーであるノア・カーバーが直近の眼鏡戦士の先輩となる。
  • 前作のブルーである有働ノブハルと同じく、「トカッチキック!」などの自分の名前を冠した技で戦う。
  • 一つのエピソードの中で死と復活を成し遂げたのは、彼が初めてである。
  • トッキュウ2号イーグルの鷲の翼を携え空を飛び回るその姿は、鷲をモチーフとした戦士である鷲尾岳を髣髴とさせる。


関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki