FANDOM


海賊戦隊ゴーカイジャー > 宇宙帝国ザンギャック > 行動隊長ウオーリアン
UorlianTVA
行動隊長ウオーリアン
登場話: 第19話 15戦士の鎧
スーパーヒーロー大戦
戦隊: 海賊戦隊ゴーカイジャー
所属組織: 宇宙帝国ザンギャック
大ザンギャック
身長: 196cm (巨大化時51.3m)
体重: 132kg (巨大化時330.0t)
演者: 陶山章央
モチーフ: ピラニア


ウオーリアンは、宇宙帝国ザンギャック行動隊長

概要編集

左腕に生物のカルシウムを奪う事のできる特殊な吸収孔を持つ宇宙人。開発技官インサーンの手によって、この左腕に骨抜きピラニアームを取り付ける改造手術を施され、この腕から骨抜きエネルギーを発生させ、生物の生きる気力のようなパワーを骨の形で釣り上げて奪う能力を持つ。パワーを奪われた者はやる気をなくし、文字通りの骨抜き状態となってしまう。

通常と異なり、参謀長ダマラスやインサーンの推薦ではなく、司令官ワルズ・ギルが個人的興味から呼び出した行動隊長であり、彼らにその存在そのものを知られていなかった。

経歴編集

ゴーカイジャー編集

司令官ワルズ・ギルに命じられた地球人骨抜き作戦を実行中、買い物に出かけていた伊狩鎧ハカセと遭遇、ゴーミンと共に戦闘状態に突入する。やがて残り4人も駆けつけ、ゴーオンジャーへと豪快チェンジしたゴーカイジャーと戦うウオーリアンは、隙を見て鎧とハカセ以外の4人からパワーを奪い骨抜き状態に陥らせると撤退する。その後、再び骨抜き作戦を実行しようとするが、グリーンツーグリーンフラッシュへと豪快チェンジするハカセに足止めされ、その隙に鎧は15戦士の力を結集したゴールドアンカーキーを生み出し、遂に鎧はゴールドモードへの強化変身を成し遂げてしまう。

ゴールドモードとなった鎧に手も足も出せずに敗北したウオーリアンは、巨大化し雪辱を図るが、ゴーカイオー豪獣神の連携を前に成す術も無く、最期は豪獣神の豪獣トリプルドリルドリームを受け爆散した。骨抜き作戦が失敗し人々が次々と骨抜き状態から回復する姿を見たワルズ・ギルは、「もうどうでもいいや」と無気力な骨抜き状態となってしまった。

スーパーヒーロー大戦編集

大ザンギャックの一員として復活し、バトルケニアと戦闘を繰り広げていた。スーパーヒーロー大戦

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki