FANDOM


スーパー戦隊シリーズ > 魔法戦隊マジレンジャー
魔法戦隊マジレンジャー
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 日曜 7:30 - 8:00(30分)
放送期間 2005年2月13日 - 2006年2月12日
(全49回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 渡辺勝也
原作 八手三郎
脚本 前川淳
プロデューサー シュレック・ヘドウィック (テレビ朝日)
塚田英明宇都宮孝明(東映)
矢田晃一(東映AG)
出演者 橋本淳
松本寛也
甲斐麻美
別府あゆみ
伊藤友樹
市川洋介
ホラン千秋
北神朋美
音声 ステレオ放送
オープニング 「魔法戦隊マジレンジャー」
歌:岩崎貴文
エンディング 「呪文降臨〜マジカル・フォース」
歌:Sister MAYO
外部リンク 公式サイト(テレビ朝日)

特記事項:
スーパー戦隊シリーズ」 第29作

魔法戦隊マジレンジャー』(まほうせんたいマジレンジャー)は、2005年(平成17年)2月13日から2006年(平成18年)2月12日までテレビ朝日系列で毎週日曜7:30 - 8:00(JST)に全49話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。「スーパー戦隊シリーズ」第29作にあたる。

あらすじ 編集

とある街の古風な一軒家に住む小津家。この家の主である深雪は、自営農園を営む長男・蒔人ら5人の子供に恵まれ、ごく普通の暮らしを営んでいたが、ある日曜日の朝、一家の前に光の魔法陣が出現し、そこから醜悪な化け物が飛び出した。

子供たちが動揺する中、深雪は奇妙な形の携帯電話を用いて天使を思わせる白い戦衣姿に変身し、化け物を倒す。

家に帰り、驚く子供たちに深雪は告げる。先ほど倒した化け物は、かつて地上侵略をたくらみ、「天空聖者」たちによって封印された地底冥府インフェルシアの冥獣であること。自分は復活したインフェルシアと戦うため、天空聖者から魔法を授かった魔法使い・マジマザーであること。そして、深雪は長男の蒔人、長女の芳香、次女の麗、次男の翼の四人に魔法戦隊マジレンジャーとなって戦うように告げた。

だが、ただひとり、三男で末っ子の魁だけには、魔法ケータイ・マージフォンが与えられなかった…が、後に彼は自身の勇気でマージフォンを作り出し、正式にマジレンジャーの一員となった。

そんな中、突如現れたウルケンタウロスが子供たちに襲い掛かる。巨大化したマジマザーはこの戦いで深いダメージを受け、帰らぬ人となってしまう。こうして5人のマジレンジャーとしての戦いが始まるのであった。

概要 編集

特徴 編集

モチーフはシリーズ初採用となる「魔法使い」であり、副題の『Divine! Adventurous! Courageous! It`s just Magic.』(神秘!冒険!勇気!それは魔法)に示されるように、人間の勇気が魔法をもたらすという設定の下で物語が展開される。変身アイテムは「携帯電話から変形する魔法のステッキ」、スーツの衣装にはマントが採用され、『アラジンと魔法のランプ』や『かえるの王さま』など、魔法が登場する童話を下敷きにした話も存在する。

本作は、『地球戦隊ファイブマン』、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に続いてシリーズ3作目となる「5人兄妹戦隊」である。レッドが長兄であった過去の2作品に対し、本作では初めてレッドを末っ子に設定しており、設定上の年齢、演じる橋本淳の年齢、ともにシリーズ最年少のレッドであった。また、過去の兄妹戦隊と違って兄妹の父と母もゲストメンバーとして変身を行ない、追加メンバーが物語終盤で兄妹の一人と結婚するなど、最終的には8人のメンバーによる「家族戦隊」が描かれた。この設定について、テレビ朝日側のプロデューサー・シュレック・ヘドウィックは「家庭崩壊などが憂えられていた世相から『家族愛』『兄妹愛』を強く主張する作品にしようという意図があり、それゆえ5人兄妹の設定を与えた」と語っている。

戦隊シリーズ定番の巨大ロボに当たる存在・マジマジンは、5人自身が魔法で変身した巨大戦士となっており、変身後のマジレンジャーを演じるスーツアクターたちが、巨大化後もそれぞれ対応するマジマジンを演じている。合体機構の関係上、マジマジンはそれぞれのサイズ設定が極端に異なり、最大のマジタウロスは最小のマジフェアリーの2倍以上の大きさを持つため、着ぐるみが同時に登場する際は合成やCG処理が用いられている。また、敵勢力にも準レギュラー登場の合体ロボ・ウルカイザーが配備されており、敵勢力のロボとしてはシリーズで初めて商品化された[1]

公式ではないが、雑誌記事などにおいてはストーリーが3部構成とされた。具体的には、1話から18話までの第1部「凱力大将ブランケン編」、19話から34話までの第2部「魔導神官メーミィ編」、35話から最終話までの第3部「冥府十神編」である。

制作 編集

オープニング映像の一部がニュージーランドで撮影され、これが戦隊初の海外ロケととなった。ニュージーランドでは『パワーレンジャー』シリーズの撮影が行われており、本作のロケも坂本浩一ら『パワーレンジャー』のチームが担当している。

VHSビデオ(セル・レンタル共通)の発売が本作を最後に打ち切られ、次作『轟轟戦隊ボウケンジャー』以降、戦隊シリーズはセル・レンタルともにDVDに移行した。また、『ボウケンジャー』以降はハイビジョン放送に移行したため、本作は戦隊シリーズ最後の非ハイビジョン放送作品でもある。

キャスティング 編集

前述したようにシリーズ最年少のレッドを抱える本作だが、本作は若手俳優の登竜門となっている戦隊シリーズの中でも、メンバーの平均年齢が非常に若い。初期メンバー5人のうち、放送開始当時20歳を超えていたのは小津芳香役の別府あゆみ(1983年生まれの21歳)のみで、他の4人は全員10代である。別府は他メンバーと顔合わせをした際、これまでの仕事ではいつも最年少の部類だった自分が、今回は最年長だと知ってショックを見せていたという[2]。小津翼役の松本寛也(86年生まれ)、小津麗役の甲斐麻美、小津魁役の橋本(ともに87年生まれ)は、クランクイン時点では18歳で、3人とも現役の高校生であった。

5兄妹の母・小津深雪役には、当時36歳の渡辺梓が起用されている。プロデューサーの塚田英明は、かつて一緒に仕事をした渡辺をイメージして深雪のキャラクターを設定したものの、「24歳の息子を持つ母親役」をオファーすることに当初は躊躇した。しかし、当の渡辺自身が戦隊シリーズに興味を持っていたことから出演が実現した。当初はスーツ造形の敵幹部として兄弟と対峙し、終盤に正体が判明する父・小津勇役には、俳優兼声優として活動するベテランの磯部勉が起用され、前半は声優として、後半は顔出しの俳優として出演している。

第1部の怪人である冥獣は言葉を喋らない設定だったため、開始当初は声優のゲスト出演はなかった。第二部で言葉を喋る怪人・冥獣人が登場してからは声優が起用され、第3部の敵である冥府十神役には、矢尾一樹大塚明夫田中敦子佐々木望置鮎龍太郎ら、ベテランの実力派声優を揃えている。

ナレーションには、長年バンダイのスーパー戦隊シリーズの玩具CMのナレーターや、戦隊シリーズの敵キャラクターを演じてきた玄田哲章が起用され、前後編の際の解説や、変身シーンなどの呪文ボイスも、バンダイの各種なりきり玩具の音声を含めて担当した。サブタイトルコールおよび次回予告のナレーションのみ、マンドラ坊や役の比嘉久美子が担当している。

劇場版及びテレビ版最終2話に登場するマジエル役は当初、岡田眞澄が演じる予定だったが、劇場版のクランクイン直前に病気(食道癌)が発見されて出演を辞退し、代役として曽我町子に変更された。過去の戦隊シリーズでは悪役として出演してきた彼女だったが、13年ぶりの復帰となった本作で曽我にとって最初で最後の味方役を演じた。しかし、曽我も劇場版クランクインの時点で既に膵癌を患っており、本作終了から3ヶ月後の2006年5月に死去。本作最終話が最後のテレビ出演となった。なお、曽我が死去した3週間後の5月29日に、岡田も死去した。

スタッフ 編集

チーフプロデューサーは前作に続いて塚田英明。メインライターには前川淳が初めて起用された。サブライターには、前作から続投の荒川稔久横手美智子に加え、新たに大和屋暁が参加した。

監督陣はメインの渡辺勝也他、前作に比べ特に布陣に変化はないが、劇場版の監督を竹本昇が初めて手掛けている。

音楽担当には、『爆竜戦隊アバレンジャー』において「羽田健太郎with Healthy Wings」のメンバーとして参加した山下康介を、単独で初起用。放映当時山下は31歳であり、スーパー戦隊シリーズの劇伴担当者としては最年少となった。

デザインワークスには11年ぶりに篠原保が起用され、マーチャンダイジング関連を除く大半のデザインを担当した。前作より参加し、一部のアリエナイザーデザインも手がけていた松井大は本作ではプロップ(小道具)デザインのみに留まっている。

評価 編集

視聴率は前作『特捜戦隊デカレンジャー』を更に上回り、2000年以降の戦隊では『百獣戦隊ガオレンジャー』に次ぐ好成績を残した。玩具は変身アイテム「マージフォン」が前作の変身アイテム「SPライセンス」比210%という、好セールスを打ち出し、当初は前年の『デカレンジャー』を上回る勢いだったが、「DX伝説合神マジレジェンド」等の年末商戦での販売不振[3]により結果的に『デカレンジャー』のキャラクター収入・116億円に対し、108億円と売り上げが下回った。

作品詳細 編集

キャスト 編集

レギュラー・準レギュラー 編集

声の出演 編集

スーツアクター 編集

  • マジレッド、マジフェニックス:高岩成二
  • マジレッド(NZユニット):羽賀亮洋
  • マジイエロー、マジガルーダ、ワイバーン:今井靖彦
  • マジイエロー(NZユニット) : 本間宗寛
  • マジブルー、マジマーメイド:野川瑞穂
  • マジブルー(NZユニット):梛野素子
  • マジピンク、マジフェアリー:小野友紀
  • マジピンク(NZユニット):横山和博
  • マジグリーン、マジタウロス、マジキング、ルナジェル、マジレジェンド、ティターン:福沢博文
  • マジグリーン(NZユニット):岩上弘数
  • マジマザー、メーミィ、サイクロプス、マジブルー:蜂須賀祐一
  • マジシャイン、ブランケン、トラベリオン、ドレイク:岡元次郎
  • ウルザード、ウルカイザー、ブレイジェル、スレイプニル、ウルザードファイヤー:日下秀昭
  • スノウジェル、スモーキー(代役):神尾直子
  • スモーキー、ダゴン:竹内康博
  • バンキュリア、マジブルー:大林勝
  • その他NZユニットアクター:南博男杉原明宮崎高春谷村祐司、Mark Harris、Steve McQuillan

スタッフ編集

音楽 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ 編集

「魔法戦隊マジレンジャー」
ヴォーカルおよび作曲の岩崎は九州を中心に活動していたロックバンド「NO?YES!!」のギタリスト。岩崎は、製作発表やライブイベントでは金色のジャケットを着用し、特注の金色のギターを携え"轟く音のエレメント"マジゴールドを自称して登場している。
岩崎自身の話では、主題歌コンペの時点では自分が歌うつもりはなかったが、デモテープでの岩崎の歌声をディレクターが気に入ったためヴォーカルへの起用に繋がったとのこと。起用が決まった際に岩崎は、当時師事していた山田信夫(NoB)の元で歌のレッスンをしたとのこと[4]
戦隊OPで最も長い(5分近く)曲である。
当作品は前作を発売数ヶ月で上回り2011年現在、戦隊主題歌セールスの最高記録の売上を持つ。岩崎は2005年のゴールドディスクを獲得した。
なお劇場版では、挿入歌の一つとして使われた。後半にてオープニング映像の出演者の紹介シーンが一新されている。
太鼓の達人シリーズにも収録されたことがある。

エンディングテーマ 編集

「呪文降臨〜マジカル・フォース」
主題歌コンペではサイキックラバー自身が歌うOP曲候補として提出された。最後に戦隊名のコールが入るのはその名残。
2番Aメロの「狼の遠吠え」はサイキックラバーのYOFFY、間奏後のBメロの歌詞で被さる男性コーラスはアレンジャーの大石によるもの。

挿入歌 編集

「5人の魔法使い」
「魔神合体! マジキング」
「天空界のやすらぎ」
「ファンタスティック! マジアクション」
「ブラッディーフライデーナイトメア」
「魔導騎士ウルザード」
  • 作詞:藤林聖子 / 作曲:山下康介 / 編曲:斉藤英夫 / 歌:山田信夫
「シング! スウィング!! スモーキー!!!」
「シャイニング マジック マジシャイン」
  • 作詞:YOFFY / 作曲:山下康介 / 編曲:亀山耕一郎 / 歌:サイキックラバー
「トラベリオン・ゴー!」
「魔法のJUMON」
  • 作詞:前川淳 / 作曲・編曲:岩崎貴文 / 歌:岩崎貴文、Sister MAYO
「Song For Magitopia」
「永遠に…」
  • 作詞:岩里祐穂 / 作曲・編曲:山下康介 / 歌:五條真由美
「メイク・レジェンド! マジレンジャー!!」
  • 作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:山下康介 / 歌:水木一郎

キャラクターソング 編集

「勇気はフェニックス」
「Go! Yellow thunder」
  • 作詞:藤林聖子 / 作曲:高取ヒデアキ / 編曲:籠島裕昌 / 歌:小津翼(松本寛也
「明日への君」
  • 作詞:甲斐麻美 / 作曲・編曲:吉川慶 / 歌:小津麗(甲斐麻美)
「愛の風」
「Mr.Green 〜地平線〜」
  • 作詞:伊藤友樹 / 作曲:岩崎貴文、伊藤友樹 / 編曲:岩崎貴文 / 歌:小津蒔人(伊藤友樹)
「太陽 〜the power of rising sun〜」

放映リスト 編集

サブタイトルの頭には「Stage(話数)」が付けられる(最終回は「Final Stage」)他、フォーマットは全て「○○〜××(←呪文)〜」)に統一されている。各怪人名のリンク先はモデルとなった神話の怪物など。

放送日Stageサブタイトル脚本監督
2005年2月13日1旅立ちの朝
〜マージ・マジ・マジーロ〜
前川淳 渡辺勝也
2005年2月20日2勇気を出して
〜マージ・マジ・マジカ〜
2005年2月27日3魔竜に乗れ
〜マージ・ジルマ・ジンガ〜
中澤祥次郎
2005年3月6日4魔人の王様
〜マージ・ジルマ・マジ・ジンガ〜
2005年3月13日5恋をしようよ
〜マージ・マジーロ〜
竹本昇
2005年3月20日6闇の覇王
〜ウーザ・ドーザ・ウル・ザンガ〜
  • 巨大ブランケン
  • ウルカイザー
  • ウルケンタウロス
荒川稔久
2005年3月27日7夢の中へ
〜ジンガ・マジーロ〜
渡辺勝也
2005年4月3日8君こそヒロイン
〜マジュナ・マジュナ〜
横手美智子
2005年4月10日9炎の友情合体
〜ジルマ・マージ・マジ・ジンガ〜
  • 冥獣トロル(2体目)
    • 冥獣ストーントロル
  • バリキオン
  • ウルカイザー
前川淳 中澤祥次郎
2005年4月17日10花が咲いたら
〜ジルマ・マジカ〜
2005年4月24日11吸血鬼の夜
〜マジーロ・マジカ〜
横手美智子 竹本昇
2005年5月1日12決意のしるし
〜マージ・ジルマ・マジ・マジカ〜
  • バンキュリア
  • ウルカイザー
2005年5月8日13お母さんなら
〜ジンガ・マジュナ〜
前川淳 渡辺勝也
2005年5月15日14燃えろパンチ
〜ジー・ジー・ジジル〜
荒川稔久
2005年5月22日15花嫁の兄
〜ジルマ・マジ・マジュナ〜
横手美智子 鈴村展弘
2005年5月29日16門の鍵
〜ウザーラ・ウガロ〜
  • バンキュリア強化体
前川淳
2005年6月5日17優しさはいらない
〜ウーザ・ドーザ・ウル・ウガロ〜
  • 冥獣ガーゴイル
  • 巨大ブランケン
  • バリキオン
  • ウルカイザー
荒川稔久 竹本昇
2005年6月12日18力を合わせて
〜マージ・ジルマ・ジー・ジンガ〜
2005年7月3日19魔法のランプ
〜メーザ・ザザレ〜
  • メーミィ
横手美智子 中澤祥次郎
2005年7月10日20キスしてケロ
〜ゴール・ゴル・ゴルディーロ〜
前川淳
2005年7月17日21魔法特急で行こう
〜ゴー・ゴー・ゴルディーロ〜
横手美智子 渡辺勝也
2005年7月24日22京都でデート?
〜ルーマ・ゴルド〜
荒川稔久
2005年8月7日23禁断の魔法
〜ロージ・マネージ・マジ・ママルジ〜
鈴村展弘
2005年8月14日24先生として
〜ゴル・ゴル・ゴジカ〜
2005年8月21日25盗まれた勇気
〜ジルマ・マジ・マジーロ〜
横手美智子 中澤祥次郎
2005年8月28日26信じろよ!
〜ジルマ・ジー・マジカ〜
2005年9月4日27俺たちの絆
〜マジーネ・マジーネ〜
荒川稔久 渡辺勝也
2005年9月11日28永遠に…
〜ジルマ・マジ・マジ・マジーネ〜
前川淳
2005年9月18日29くり返す「あれ?」
〜ジー・マジ・マジーロ〜
横手美智子 鈴村展弘
2005年9月25日30伝説の力
〜マージ・マジ・マジ・マジーロ〜
2005年10月2日31凄まじき魔神
〜マージ・ジルマ・ゴル・ジンガジン〜
  • 冥獣人四底王コボルト・ブルラテス
  • 冥機ゴーレム
荒川稔久 竹本昇
2005年10月9日32父の言葉
〜マージ・ジルマ・ゴル・ゴジカ〜
大和屋暁
2005年10月16日33インフェルシアへ
〜マージ・ゴル・マジカ〜
横手美智子 中澤祥次郎
2005年10月23日34勇気の絆
〜ゴール・ゴル・ゴルド〜
2005年10月30日35神々の谷
〜マジ・マジ・ジジル〜
  • 冥府十神
前川淳 鈴村展弘
2005年11月6日36神罰執行
〜マージ・ゴル・ゴジカ〜
2005年11月13日37狙い撃ち
〜ゴル・マージ〜
大和屋暁 竹本昇
2005年11月20日38アニキとの約束
〜ゴー・マジーロ〜
2005年11月27日39あべこべ姉弟
〜マジュナ・ジルマ〜
横手美智子 中澤祥次郎
2005年12月4日40蛇女の庭
〜マジーネ・ルルド〜
  • 冥府神ゴーゴン
2005年12月11日41先生の先生
〜ゴール・ゴル・マジュール〜
前川淳 渡辺勝也
2005年12月18日42対決!二極神
〜ゴール・ルーマ・ゴル・ゴンガ〜
2005年12月25日43茨の園
〜マジ・マジ・ゴジカ〜
  • 冥府神トード
荒川稔久 竹本昇
2006年1月8日44母さんの匂い
〜ジルマ・ジルマ・ゴンガ〜
2006年1月15日45二人はともだち
〜ジー・ゴル・マジュナ〜
大和屋暁 中澤祥次郎
2006年1月22日46湖へ向かえ
〜ゴール・ゴル・ゴル・ゴルディーロ〜
2006年1月29日47君にかける魔法
〜ルルド・ゴルディーロ〜
  • 冥府神スフィンクス
横手美智子 渡辺勝也
2006年2月5日48決戦
〜マジ・マジュール・ゴゴール・ジンガジン〜
  • 絶対神ン・マ
  • 冥府神
2006年2月12日Final伝説への帰還
〜マージ・マジ・マジェンド〜
  • 絶対神ン・マ
  • 冥府神ダゴン
前川淳

放映ネット局 編集

対象地域放送局備考
関東広域圏テレビ朝日キーステーション
北海道北海道テレビ
青森県青森朝日放送
岩手県岩手朝日テレビ
宮城県東日本放送
秋田県秋田朝日放送
山形県山形テレビ
福島県福島放送
新潟県新潟テレビ21
富山県北日本放送日本テレビ系列局
石川県北陸朝日放送
福井県福井テレビフジテレビ系列局
山梨県山梨放送日本テレビ系列局
長野県長野朝日放送
静岡県静岡朝日テレビ
中京広域圏名古屋テレビ
近畿広域圏朝日放送
鳥取県島根県山陰中央テレビフジテレビ系列局
広島県広島ホームテレビ
山口県山口朝日放送
徳島県四国放送日本テレビ系列局
香川県岡山県瀬戸内海放送
愛媛県愛媛朝日テレビ
高知県テレビ高知TBS系列局
福岡県九州朝日放送
長崎県長崎文化放送
熊本県熊本朝日放送
大分県大分朝日放送
宮崎県宮崎放送TBS系列局
鹿児島県鹿児島放送
沖縄県琉球朝日放送

他媒体展開 編集

劇場版・Vシネマ 編集

超力戦隊オーレンジャー』以降恒例となっているスーパー戦隊Vシネマで、次作『轟轟戦隊ボウケンジャー』との競演は実現しなかった。これはスーパー戦隊シリーズ節目の作品である『ボウケンジャー』において、記念作品である『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』がマジレンジャーとの競演作品に代わって制作されたことに起因するものである。日本版のみならず、海外版の『パワーレンジャー・オペレーション・オーバードライブ』でも『ボウケンジャーVSスーパー戦隊』と同様の記念エピソード(20・21話)が制作されており、こちらでもマジレンジャーとの競演は果たしていない。但し『ボウケンジャーVSスーパー戦隊』のDVDのアートギャラリーの魔人クロノスの記述や同作に登場する「バーニングレジェンドダイボイジャー」はマジレンジャーとの競演を前提に設定された可能性が指摘されている。小津翼役の松本寛也はインタビューで「マジイエローの役を演じることはもうないと思っていた」と語っている。

単独での競演こそ実現しなかったものの、『ボウケンジャーVSスーパー戦隊』には本作品よりマジレッド(アカレッドが変身をしていた。)、マジイエロー、マジシャイン、メーミィが登場を果たしており、このうち後3者はオリジナルキャストによるものである。また海外版の記念エピソードにおいても、同様にグリーンレンジャー(マジグリーン)が登場している。

児童誌特製DVD・CD 編集

『魔法戦隊マジレンジャー スペシャルDVD「大公開!黄金(ゴールド)グリップフォンの超魔法~ゴル・ゴール・ゴー・ゴー~」』
講談社の児童誌『テレビマガジン』『たのしい幼稚園』『おともだち』の合同企画として応募者全員にプレゼントされたオリジナルDVD。登場人物は魁、ヒカル、マンドラ坊やと深雪そっくりの女神(演:渡辺梓)。「ゴールドグリップフォン」と「シルバーマージフォン」が登場し、魁がゴールドグリップフォンでマジシャイン(「魁シャイン」と表記される。スーツアクターはマジレッド役の高岩成二)に変身する。ストーリーはイソップ童話の「金の斧」がモチーフ。
「ゴールドグリップフォン」は本編に登場することはなかったが、玩具はトイザらス限定で「DX魔法鉄神トラベリオン」とのセットで販売された。通常のグリップフォンの玩具とは異なり、音声ギミックがヒカル役の市川の声による呪文詠唱に変更されている。
『魔法戦隊マジレンジャー&ふたりはプリキュアMax Heart おたのしみおやくそくCD』
『おともだち』2005年9月号特別付録。魁と翼の二人が『ふたりはプリキュアMax Heart』の美墨なぎさ(キュアブラック)・雪城ほのか(キュアホワイト)と共演するドラマCD
『魔法戦隊マジレンジャー&ふたりはプリキュアMax Heart お正月おたのしみハッピーCD』
『テレビマガジン』『たのしい幼稚園』『おともだち』2006年2月号特別付録。魁と蒔人の二人が『ふたりはプリキュアMax Heart』のなぎさ・ほのかと共演するドラマCD。岩崎貴文五條真由美の歌う『マジプリおうえんか』等、このCDでしか聴けない歌も収録されている。

トピックス 編集

  • 2005年8月20日開催のオリックス・バファローズvs北海道日本ハムファイターズプロ野球公式戦(大阪ドーム)にゲスト出演。これはオリックス・仰木彬監督の采配が「仰木マジック」といわれていることでの魔法(マジック)つながりで、またこの作品の映画化上映記念のイベントの一環として実現したものである。当日会場ではマジレンジャーのメンバーが試合前・試合中の様々なアトラクションに出演して盛り上げた。
  • 劇場版の宣伝で変身前の役者6人が日本テレビの番組「ザ!情報ツウ」にVTR出演、異例の他局進出を果たす。
  • テレビ放送最終回の最後の提供コールにおいて、マジレッドが次戦隊『轟轟戦隊ボウケンジャー』のボウケンレッドと各々の変身アイテムである携帯電話で通信を交わすという“引継ぎ”的なシーンが放送された。前戦隊『特捜戦隊デカレンジャー』最終回の放送でもデカレッドとマジレッドの握手があり、デカレンジャー以降の作品から、スーパー戦隊シリーズの恒例儀式となっている。
  • 2006年5月初旬に戦隊メンバーを演じた俳優たちによって「マジレンジャー卒業式」が行われた。
  • 本作品では日曜朝に放映枠が移動してから初めて放送回数が50話を下回った。これは6月にアメリカゴルフ男子4大メジャーの第2戦目の『全米オープンゴルフ中継』と世界のゴルフ女子4大メジャーの第3戦目の『全米女子オープン中継』が、7月に『世界水泳選手権』が、そして年始に特番がそれぞれ放送されたことに起因する。本来6月は順当に行けば3回放送されるはずだが、当時は『全米女子オープン中継』の開催日が前倒しにされたり、7月に『世界水泳選手権』が開催され、更には年始に休止しており、当時のテレビ朝日系列が如何にスポーツ・特番重視の編成であったことが分かる。この流れは2010年現在『侍戦隊シンケンジャー』まで続いている。(ゴーオンジャーを除く)
  • 作中で5兄妹が付けているペンダント(ペンダントトップはそれぞれのエレメントをモチーフにした色・形になっており、金具部分に本作品のタイトルロゴのものと同じ「M」の文字が浮き上がっている)は、クリスタル製品で有名なスワロフスキー社製のビーズを使用しており、2005年7月より受注生産品の「マジペンダント」として通販されていた[5]

映像ソフト化 編集

  • ビデオ(VHS、セル、レンタル共通)は東映ビデオからリリースされている(全12巻)。なお、本作をもって、ビデオの発売は完全に打ち切られることになった。これはDVDが急速に普及していたため。
  • 2005年8月5日 - 2006年7月21日にDVDが発売。全12巻で4話(最終巻のみ5話)収録。
  • テレビシリーズを再編集したHEROクラブのビデオ・DVDが2005年5月21日 - 7月21日に発売(全2巻)。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. ウルザードは後にマジレンジャー側につくが、ウルカイザーが発売された時点では敵側配下にあった。
  2. 東映公式サイト、塚田英明コラムより
  3. 月刊トイジャーナル2006年2月号のバンダイ幹部発言による。
  4. NoB (MAKE-UP) × YOFFY (サイキックラバー)対談! WeROCK City
  5. 魂ウェブ商品ページ

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は魔法戦隊マジレンジャーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki